Tabimo[タビモ]旅をもっと楽しく。

もくじ

ラブホ女子会の何がウケてるの?

ここ数年は、「女子会戦国時代」といっても良いほどあちこちで女子会が開かれ、企業もその要望に応えようとさまざまなプランを用意しています。

それはラブホ業界も例外ではありません。
どうしたっていかがわしいイメージのある「ラブホテル」ですが、新たに「安くて綺麗でオシャレ」という一面をアピールすることで、流行に敏感かつ面白いことが好きな女性たちの支持を集めているのです。

特に"ちょっぴりお姉さん層"に人気!

ちなみに、ラブホ女子会でラブホテルを利用する女性は主に20代後半~30代前半とのこと。ある程度いろいろな経験を積んでいる分、度胸もすわっていて場所に対する抵抗感が薄いのかもしれません。

ラブホテルといえば、ひと昔は全面鏡張りの部屋やカラオケ付きの部屋、ジャグジー付きの部屋などがきゃあきゃあ騒がれていましたが、今は標準装備の範囲内。それだけで興奮したり、喜ぶ女性は少ないのではないでしょうか。

あちこち探せばリムジンを60分2万円から貸し出してくれ、夜景や朝焼けなどを見に行けるラブホや、高級ホテル並みにアメニティが充実しており、とにかくラグジュアリーな気分に浸れるラブホ、ウォータスライダーが付いていて全裸滑りができるラブホなど、予想を超えたラブホがたくさんあります。

ラブホ女子会を成功させたいと思ったら、みんながドキッとするような設備やキュンとする仕掛けなど、何か素敵な特典があるプランを探してみてはどうでしょう?

Button detail off

2012年以降はラブホ女子会の需要が増え、企業も女子会プランや女子会歓迎を謳って女性同士でも利用しやすくなっています。下手な居酒屋より安上がりで、綺麗で可愛くてオシャレで、物珍しさからネタにもできるラブホは意外と多いんですよ。

普通にホテルに泊まって女子会をしようとすると、やはり1万円以上かかってしばう場合が多いのですが、ラブホテルなら5千円~1万円以下で面白い体験ができるのも特徴です。そのうえ値段以上のサービスや特典が付いてくるので、利用しない手はありませんね♪

Button facebook off
Button hatebu off

関連するキーワード

関連記事

    オススメ記事

    トップへ