Tabimo[タビモ]旅をもっと楽しく。

【1】特産品のハンカチを新婦にひらり/ベルギー

Button detail off

ヨーロッパやアメリカでは、結婚式に"特別なハンカチ"を持つ女性が多いといいます。現にベルギーでは、結婚のお祝いに、新婦の親族が彼女のために刺しゅう入りのハンカチを落とすそうです。

しかもそのハンカチは先祖代々、受け継がれてきたハンカチなのだとか…!
先祖代々って…ものすごく年代物のような気もしますが、ベルギーの特産品であるレースのハンカチはアンティークものだって素晴らしいですから。なるほど~と思いました。
花嫁は、そのハンカチで喜びの涙を拭うのでしょう。素敵な風習ですね。

【2】嫌がらせ…ではありません!主役を真っ黒に染める/スコットランド

コレ、説明がないままだと嫌がらせにしか見えない画像ですよね(笑)。はい、もちろんそんなことはありません。スコットランド地方の伝統的なウェディングなのです。

スコットランド地方では、新郎新婦は「嫁入り前or婿入り前の最後の恥をかく」ため、結婚式の前夜に卵や魚、焼いた豆(…真っ黒な液体の正体です)をミックスしたものをかけられながら、町中を逃げ回ります。

【3】早くも浮気!?いえいえ祝福のキスです/ドイツ北部

さすが愛に溢れた結婚式!ドイツのある地域では、結婚式の参列者たちが、「この盛大な日への愛」を祝ってキスをします。

男性ゲストは新婦へ、女性ゲストは新郎へ。ハーレム・逆ハーレム状態ですね。新郎、いい笑顔です。結婚式の風習とはいえ、花嫁さんは、やきもちを焼いちゃわないのでしょうか。

【4】涙が出ない時はどうするの?泣き続ける新婦/中国

Button detail off

感極まって涙なみだの結婚式に…なる場合もありますが、こちらはちょっと事情が違うよう。

中国のある地域では、なんと新婦が結婚式の1ヶ月も前から1日1時間も泣くことが決められているそうです。
えええええええええええええ??????

さらにすごいのは、結婚式当日。花嫁はゲストの前で、再び涙を流しながら「嘆きの歌」を歌うとのこと。始めは実家を離れることを寂しがっていても、挙式本番までに涙が枯れてしまいそうですね。

【5】新たな始まりを象徴!ほうきをジャンプ/アメリカ(アフリカ系アメリカ人)

アフリカやヨーロッパの結婚式では、ほうきを飛び越えることで過去を一掃し、新しいスタートを切ると言われています。その由来は、アフリカ系の人々が奴隷として虐げられていた時代までさかのぼるのですが、現在は悲しい過去を乗り越える意味を込めてほうきを飛び越えています。

Button facebook off
Button hatebu off

関連するキーワード

関連記事

オススメ記事

トップへ