Tabimo[タビモ]旅をもっと楽しく。

マンネリしてしまった恋に刺激が欲しい・・・

Button detail off

付き合う前はずっとこの人と一緒にいたい・・・。そんなふうに思っていた人がほとんどのはずです。しかし、付き合いだして、結婚して、月日を重ねるごとに訪れてしまうマンネリ感は拭うのが難しいものなんです。付き合い始めのような、心躍るドキドキ感はどこにいってしまったんだろう。そう、考えたとき人は密かに新たな出会いを求めたりしてしまうのです。

墜ちた人は燃えるような恋を求めて不倫に走る・・・

愛する人と一緒にいて楽しくない、苦痛に感じる、そのような事態にまで陥ってしまうと、何かしらのきっかけでいい出会いがあったときに、心を揺らされてしまいます。ここで、人は2つの選択を迫られます。耐えるか、堕ちるかです。もしも、あなたが墜ちる選択をしてしまったのであれば、ようこそ不倫の世界へというわけです。

関係が深くなると次第に不倫旅行に行きたくなってしまう

Button detail off

些細なことがきっかけで不倫関係になってしまった場合、最初のうちは時間を見つけてこっそり会えるだけでも満足できてしまうでしょう。ですが、恋というのは恐ろしいものです。やがて、歯止めが利かなくなり、相手を求めるようになってしまうことも。

そうなってしまうと、なんとかして相手を1日中独り占めしたいなんて感情が沸き上がってきます。そして、1つの案として不倫旅行を思いつくはず。自分を再び"女″にしてくれた人と旅行に行けるなんて、きっとその瞬間は最高の幸せなのでしょうね。

20~30代の女性会社員が不倫に走りやすい

Button detail off

では、どのような女性が不倫に走ってしまうのでしょうか。不倫に対するいくつかのアンケートを確認していくと、その現状が浮き彫りになっていきます。
統計を見ると、不倫に走りやすいのは20~30代の会社員で、子供のいない女性に多い傾向があります。身近な不倫問題のほとんどが、この結果に該当するものでしょう。

浮気相手に多いのは30~39歳の男性会社員

そんな女性たちは、どのような男性を不倫相手として選んでいるのでしょうか。浮気相手の主な特徴は、同じ職場の男性会社員で、30~39歳の方が多くなっています。
つまり、20代女性から見れば魅力的な大人の印象を持ちやすく、30代女性には同世代で価値観の近い男性となるのでしょう。

同じ職場の男性に恋をして不倫してしまう

不倫してしまう人の大半は、同じ職場の男性会社員に恋をしてしまうパターンがほとんどです。相手や自分が結婚しているにも関わらず、不倫に走ってしまうのには必ず理由があります。
その中でどうしても抑えきれない理由が、恋をしてしまうパターンなのです。結婚相手に不満はなくとも不倫してしまう、「恋は盲目」とはよくいった言葉ですね。

連絡を取りやすい環境なので週に数回会う人が多い

このように職場で不倫してしまう人は、どのような付き合い方をしているのかも気になりますね。最近ではスマホが普及していて、不倫者同士の連絡も比較的簡単にできてしまいます。不倫する方が多くなっているのも、スマホの普及が背景にあるのでしょう。
連絡を取りやすいということは、会える機会も必然的に増えます。同じ職場に不倫相手が多いのもありますが、多い人では週に数回会っている方もいるのです。

不倫をしているほとんどの人が罪悪感を抱えている

Button detail off

不倫に走りやすい人や相手の特徴などを、いくつかのアンケート調査から検証していきました。このような人たちは、どんな気持ちで不倫をしているのでしょうか。
自分たちの気持ちだけを考えているのでは?と思いがちですが、不倫者の多くは罪悪感を抱えているのです。もし、不倫するのであれば、相手や自分の家庭を壊してしまうかもしれない覚悟が必要になるでしょう。

一線を越えないメンタルが必要になる

罪悪感を抱きながらも不倫する方は、現状のままでいいからこの関係でいたいと考えている人がほとんどです。中には、不倫相手との結婚まで考えてしまう人もいます。
しかし、その行動は確実に第三者を不幸にしてしまうのです。既婚者に恋をしてしまうのは、世の中に男性と女性がいる限りなくなることはないでしょう。その一線を越えないメンタルが必要とされているのです。

Button facebook off
Button hatebu off

関連するキーワード

関連記事

オススメ記事

トップへ