Tabimo[タビモ]旅をもっと楽しく。

16.女性だけでは入れない茅場町のセルフ居酒屋。 『ニューカヤバ』

『ニューカヤバ』は昭和のゲームセンターのような、立ち飲み居酒屋です。お酒は、自販機でコップに入れるセルフサービス。焼酎、日本酒が100円、ウイスキーが200円です。焼き鳥は1本100円で、焼き台で買ったものを自分で焼くスタイル。おつまみの値段は200~250円。
そして、ここにはローカルルールがあります。女性だけでは入店お断りなのです。女性だけでは行けない場所ですから、女性を誘ってみるのもいいと思います。

  • 【住所】東京都中央区日本橋茅場町2-17-11(地図はこちら)
  • 【値段】1,000~1,999円
  • 【アクセス】茅場町駅3番出口から徒歩2分
  • 【営業時間】17時~21時
  • 【定休日】土曜・日曜・祝日

17.池袋で24時間いつでもせんべろ♪ 『大都会 北口店』

『大都会 北口店』は、自販機で食券を買って、自分のいるテーブル番号を書いて注文カウンターに出します。濃い目のレモンハイが250円ですが、3杯セット券を買うと600円と150円安くなります。6杯券は1,000円です。
おつまみは、100円からありますから、2人分のドリンクをセット券で買えば、1,000円で確実に酔えます。まさにせんべろ居酒屋です。

  • 【住所】東京都豊島区西池袋1-29-1(地図はこちら)
  • 【値段】1,000~1,999円
  • 【アクセス】池袋駅北口から1分
  • 【営業時間】24時間営業
  • 【定休日】なし

18.新橋の信州地酒のスタンドバー! 『信州おさけ村』

『信州おさけ村』は、長野県の日本酒直売所にあるスタンドバーです。ここでは、。ショットで350円の冷酒が、550円で3種類飲める『利き酒セット』がおすすめです。おつまみは日本酒にあう珍味が120円からあります。
670円でほろ酔いになり、1,000円ちょっとあれば、かなり酔えますよ。日本酒好きの方におすすめのせんべろ店です。

  • 【住所】東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館 1F(地図はこちら)
  • 【値段】1,000~1,999円
  • 【アクセス】新橋駅徒歩1分
  • 【営業時間】[月~金]11時~22時、[土]11時~19時
  • 【定休日】日曜日、祝祭日、第2・第3土曜日

19.最高のハムカツでせんぺろ☆ 『大露路』

『大露路』は、ビール以外すべてのメニューが300円です。しかもサワー類は焼酎が濃い目。お通しは無料なのも嬉しいですね。
人気のハムカツは、とにかく分厚さに驚きます。カレー味のオムレツも人気です。新橋での人気店ですので、早い時間の入店がおすすめ。1,000円ちょっとで大満足。1,500円も出したら、かなり酔えます。

  • 【住所】東京都港区新橋3-10-6(地図はこちら)
  • 【値段】1,000~1,999円
  • 【アクセス】新橋駅烏森口から徒歩4分
  • 【営業時間】16時~23時
  • 【定休日】土曜・日曜・祝日

20.行列ができる魚料理人気店! 『魚三酒場 富岡店』

『魚三酒場 富岡店』は、創業昭和29年の門前仲町の老舗店です。元々は魚屋の直営店だけあって、魚が安くで美味しいと人気です。常に行列ができています。
ここでは、日本酒190円と、コスパ最高の『貝ひも』340円の組合せで、お銚子3本飲んでも1,000円以内です。もう1品お刺身を頼んでも300円ほどですから、かなり安く魚とお酒を楽しめます。

  • 【住所】東京都江東区富岡1-5-4(地図はこちら)
  • 【値段】1,000~1,999円
  • 【アクセス】東西線門前仲町駅2番出口から徒歩1分
  • 【営業時間】16時~22時
  • 【定休日】日曜・祝日

カップルで行きたい東京のせんべろ居酒屋に関するまとめ

老舗の人気居酒屋から、大人の駄菓子屋まで、いつもと違ったせんべろデートが楽しめる、ちょっと個性的なお店を集めてみました。次回のデートの参考にしていただけたら幸いです。

Button facebook off
Button hatebu off

関連するキーワード

関連記事

    オススメ記事

    トップへ