Tabimo[タビモ]旅をもっと楽しく。

サンシャイン60の展望台がリニューアルオープン☆

池袋にあるサンシャイン60の展望台をご存じでしょうか?実は、2015年5月6日にリニューアルの為、37年間営業していた展望台が閉館となっていました…。
そして、2016年4月21日。装いも新たに、リニューアルオープンしました!

リニューアルした展望台の名前は『SKY CIRCUS(スカイサーカス)』。コンセプトは「東京を、空からおもしろく」。
展望台といえば、スカイツリーのように景色を眺める"見るだけの展望台"のイメージがありますが、『SKY CIRCUS(スカイサーカス)』は一味違った展望台なんです!

『スカイサーカス』はここが違う!]

『SKY CIRCUS(スカイサーカス)』と他の展望台が異なる点。それは、"体感する展望台"であること。空を見て、触れて、感じて…といった、空を通じて様々な体感をすることができる展望台なんです!

Button detail off

館内は7つのエリアに分かれており、様々なアトラクションで東京を、空を楽しむことができます。
実は、このリニューアルオープンした「スカイサーカス」へ、tabimo班は行ってきました!そのレポートを、7つのエリアごとにお伝えします。

天空の世界の入り口へ…

Button detail off

サンシャイン60にある、展望台直通のエレベーターを降りると、天井でくるくる回る「FLYING TENT」がお出迎え。今から体験する世界に誘うかのようで、ワクワク・ドキドキ…♡

Button detail off

入場前にスタッフの方から注意事項を聞き、いざ『スカイサーカス』の中へ…

①地上にはない体験のはじまり☆「SKY CIRCUS TENT」

1つ目のエリア「SKY CIRCUS TENT」。ここは撮影禁止だったので、中の様子は行ってみてのお楽しみ♡
視覚や触覚を使って体感できる内容で、入場してすぐのエリアですが、"体感する展望台"を実感します!

②高さ251mから眺める地上の世界!「天空251」

Button detail off
Button detail off

「SKY CIRCUS TENT」を抜けると、天空の世界へ到着。白を貴重とした館内は、まさに雲の上にいるかのよう。
地上を見降ろせる窓!?と思って恐る恐る覗いて見ると、なんと窓の中には地上の映像が。高い所が苦手な方でも、難なく覗いて楽しむことができますよ♪

Button detail off
Button detail off

もちろん展望台なので、景色を眺められる窓もあります。高さ251mからの景色は、スカイツリーや東京都庁、東京タワーを眺めることができます。
tabimo班が行ったときは、あいにくの雲空…。景色が良ければ見晴らしがよく、さらに夜は夜景も楽しむことができます☆

③光と鏡の世界☆「カレイドスケープ」

Button detail off

3つめのエリアは、光と鏡の世界「カレイドスケープ」。光と鏡を使った幻想的な世界が広がっており、視覚を使って楽しむことができるものがたくさんあります。

鏡の前に立つと何かが起こる!?

Button detail off
Button detail off

「ワンダーミラー」というコーナーでは、鏡の前に立つと、鏡に映った自分の姿に不思議なことが起こります。
例えばこれ。ライトアップされた星型の鏡の前に座って自分の顔を見ると、なんと目の中にお星様が…!他にも自分の姿が消える鏡など、様々な鏡が。家族やカップルで楽しめるコーナーです。

万華鏡の世界を体験♪

「無限ループ」というコーナーでは、万華鏡の中に入ったかのような体験をすることができます。
全面ガラス張りの部屋に入ると、自分がたくさんいて不思議な感覚に…。また、日本の四季の様子が光と映像で部屋全体に映し出され、幻想的な雰囲気に浸ることができます。なかなか味わうことのできない体験です!

Button detail off
Button detail off

また、万華鏡の世界に外から触れることもできます。
「カレイドスコープ60」では壁に筒状の穴があり、覗くと万華鏡の世界が。その穴にカメラを当てて写真を撮ると、万華鏡の中の写真を撮ることができるんです♪全ての穴から見えるものが違うので、全部除きたくなること間違いなし!

④スリル&サプライズを体感!「SKYブリッジ」

Button detail off
Button facebook off
Button hatebu off

関連するキーワード

関連記事

オススメ記事

トップへ