Tabimo[タビモ]旅をもっと楽しく。

【1】仕事運UP!芸能人にも出会えるかも!?「鈴虫寺」

Button detail off

芸能人がお忍びで訪れる事もあるという「鈴虫寺」。書院では、美味しいお茶やお菓子でのおもてなしもあります。鈴虫の涼やかで美しい音色とともに、お坊様のありがたいお話を聞ける「鈴虫説法」は、心が晴れやかになると大人気です☆

また、山門脇に立っておられる「幸福地蔵様」は、日本で唯一わらじを履いている事で有名。参拝した人の所へ、はるばる願いを叶えに来て下さるそうですよ!

  • 【住所】京都府京都市西京区松室地家町31(地図はこちら)
  • 【アクセス】JR京都駅から市・京都バスで45分、阪急嵐山線松尾駅から徒歩で15分
  • 【営業時間】9:00~16:30
  • 【電話番号】075-381-3830

【2】国宝や貴重な文化財がたくさん!「鞍馬寺」

Button detail off

桜や紅葉の名所としても広く知られている「鞍馬寺」。四季の移ろいを感じ取りながら、牛若丸(のちの源義経)や天狗にまつわる伝説にも思いを馳せてみましょう。

本殿金堂前から見える比叡山の山並みは、まさに圧巻!清浄な気が満ちていると人気のこちらでは、国宝に指定されている「毘沙門天三尊像」や「木造毘沙門天立像」の他、大変貴重な文化財を見る事も可能です。

  • 【住所】京都府京都市左京区鞍馬本町1074(地図はこちら)
  • 【アクセス】叡山電鉄鞍馬駅から徒歩で30分
  • 【料金】大人:200円 愛山費
  • 【営業時間】9:00~16:30 霊宝殿は月曜
  • 【電話番号】075-741-2003

【3】京都のお伊勢さん☆「日向大神宮」

Button detail off

京都最古の神社の一つに数えられる「日向大神宮」。南禅寺や永観堂など、有名な観光名所も近くにあります。

注目ポイントは社殿。何と、伊勢神宮と同じく神明造で建造されているのです。外宮・内宮に分かれている点や天照大御神が祀られている点も共通事項。古来から旅人達に“京都のお伊勢さん”と呼ばれて親しまれてきました。

外宮・内宮への参拝後、坂道を上った先には「天の岩戸」があり、神秘的な雰囲気が漂っています。くぐり抜けると心身を清める事ができ、開運へと導いてくれるんだとか♪

  • 【住所】京都府京都市 山科区日ノ岡一切経谷町229(地図はこちら)
  • 【アクセス】地下鉄東西線蹴上駅1番出口から徒歩約15分、京阪バス 蹴上下車 徒歩約20分
  • 【電話番号】075-761-6639

【4】豊臣秀吉にあやかって仕事運をあげよう♪「豊国神社」

Toyokuni Shrine Karamon
出典 : www.flickr.com
Button detail off

「豊国神社」には、農民から太閤まで上り詰め「日本で一番出世した男」といわれる豊臣秀吉が祀られています。

国宝の唐門の細やかな彫刻は必見!当時を偲ばせる迫力に、圧倒。神社には、豊臣秀吉の馬印・千成瓢箪の形の絵馬や、瓢箪形のお守りもあります。秀吉にあやかって、開運・立身出世の祈願をしてみては?

また、「宝物館」(有料)では豊臣家に関連する品々を見る事ができます。なんでも、秀吉本人の歯まで展示されているんだとか。こちらも必見です!

  • 【住所】都府京都市東山区大和大路通り正面茶屋町530(地図はこちら)
  • 【アクセス】[京阪電車]七条から徒歩約10分
  • [市バス]博物館三十三間堂前から徒歩約5分
  • 【料金】大人300円、大学生200円、高校生200円、中学生100円、小学生100円
  • 【営業時間】9:00~16:30
  • 【定休日】無休
  • 【電話番号】075-561-3802

【5】京都の桜名所として有名!「醍醐寺」

Button detail off

豊臣秀吉ゆかりの寺「醍醐寺」。醍醐山に、なんと200万坪という広大な敷地を有しています。また、こちらのバラエティーに富んだ御朱印は、頂くと開運に繋がるといわれているので、足を運んだ際は頂いてみては?

「京都の行ってみたい桜名所100選」にも選ばれている醍醐の桜は、かつて秀吉が開いた盛大な宴「醍醐の花見」の華麗さを今に伝えており、観光にぴったりの眺めですよ☆

  • 【住所】 京都府京都市伏見区醍醐東大路町22(地図はこちら)
  • 【アクセス】[京阪バス]醍醐寺前下車すぐ
    [地下鉄]醍醐駅から徒歩10分
  • 【料金】[春季・秋季]大人1500円、中学・高校生1000円、小学生以下は無料
    [通常期]大 人800円、中学・高校生600円、小学生以下は無料
  • 【営業時間】[3月1日から12月第1日曜日]午前9時~午後5時
  • [12月第1日曜日の翌日から2月末日]午前9時~午後4時30分
  • 【定休日】無休
  • 【電話番号】075-571-0002

Button facebook off
Button hatebu off

関連するキーワード

関連記事

オススメ記事

トップへ