Tabimo[タビモ]旅をもっと楽しく。

2016年元日☆出雲大社へ初詣に行ってきました

有名な「出雲大社正門鳥居」ですが、当日は人がものすごくて写真が撮れず…しょっぱなから引用で申し訳ありません涙
やはり一目で出雲大社だと分かるので、特に観光客の方に人気の撮影スポットみたいです☆

まず見えるのが、おもわず息をのむ日本古来の美しい参道

Button detail off

松並木参道にある鳥居がとても素敵なんです。よく見る真っ赤な鳥居ではなく、風景になじむ色味で雰囲気を壊しません。早朝の透き通るような空気に包まれ、言葉では表現できない神秘的な空間が広がっていました。
整備された参道の真ん中は神様の通り道なので、参拝者の方は両側にある道を通り神殿に向かいます♪

リアルな神牛と神馬に一瞬ビックリ

Button detail off

参道を進み最後の銅鳥居をくぐった後、真横に見えるのは馬と牛。遠くからみると本物に見間違うほどリアルな造りですが、こちらは神様の乗り物とされている牛と馬の像です。
「神馬」は子宝を授かる安産のご利益、「神牛」は学力UPのご利益があるとされ、ほとんどの参拝者がなでなでするので、鼻の部分がピカピカに輝いています☆

後ろを振り向くと、赤々と登る初日の出が♡

Button detail off

ふと後ろを振り返ると、松の間から輝きを放つ初日の出がお目見えしていました。今年は雪もなく、穏やかな天気で太陽も温かかったです♪

本殿のような立派な拝殿が出迎えてくれます☆

Button detail off

そして神牛と神馬を過ぎると、まず最初に参拝するべき「拝殿」が見えてきます。昭和28年の大火で一度は焼失しましたが、昭和34年に全国の崇敬者からの援助もあり再建されました。
また参拝方法が特殊なことでも有名な出雲大社☆くれぐれも「二拝四拍手一拝」をお忘れなく!

本殿へ参拝出来るのは、なんと1年でお正月だけ

普段は八足門の中へは入ることは出来ません。門の前でお祈りをするのですが、なんとお正月だけ開門し本殿へ参拝できるのです。

お正月の数日間以外は常にシャットアウトされているので、まさに初詣が年に1度のチャンス。どんなに寒くても、出雲大社への初詣にはそれだけの価値があるのです。

Button facebook off
Button hatebu off

関連するキーワード

関連記事

オススメ記事

トップへ