Tabimo[タビモ]旅をもっと楽しく。

え、ディズニーランドにセルカ棒禁止という規約があるの?

Button detail off

ゲストが安全に楽しく夢の国を楽しむことができる場所として、サービスを徹底しているディズニーランド。その細やかさは話題になることもしばしばありますね。

今回のセルカ棒は流行になって間もないものですが、元々ディズニーでそのような物の使用は禁止されているのでしょうか。

「三脚等の撮影補助機材」は持ち込み禁止とされている

ディズニーランドの公式サイトでは、「三脚等の撮影補助機材」は持ち込み禁止の物品として指定されています。よくよく考えれば、セルカ棒も撮影補助機材。三脚がNGなら、セルカ棒も禁止、ということのようです。

しかし、ディズニーでの自撮り写真、インターネット上でも頻繁に見かけるような気もしますが…禁止とされているのはどのような理由で、使っていた場合にはどんな対応が行われているのでしょう?

禁止されている理由は”安全性”にあった!

Button detail off

ディズニーでセルカ棒が禁止されている理由は、一口に言えば”危ない”から。
確かに混雑した中で、セルカ棒を伸ばして写真撮影に夢中になっていたら、周りの人にぶつかってトラブルの原因にもなりうるのは納得できますよね。全てのゲストに安全に楽しんでもらうため、禁止とされているようです。

マナーを守って撮影しすることがトラブルを回避する

ちなみにこの理論でいくと、電車や飛行機などの混雑する場所や公共の場でも、セルカ棒での撮影は遠慮しておいたほうがよさそうですよね。

スマートフォンの普及やカメラの小型化により、至るところで写真撮影を楽しむことができるようになりました。
テンションが上がって記念撮影したくなっても、マナーは守ることを忘れないようにしたほうが、トラブルを回避して楽しめると言えるでしょう。

それでもディズニーで写真は撮りたい・・・♪

Button detail off

ディズニーはなかなか頻繁に行ける場所ではありませんし、せっかく行ったのなら写真は全員で撮っておきたいですよね。
自力で撮ろうとしても、何人かいる場合には撮るのが難しいこともあります。そんな時は、キャストさん(園内スタッフの方)に気軽にお願いしてみましょう。快く応じてくれますよ。

近くにいる人に撮影をお願いしてみよう!

もしキャストさんが周りにいない時は、近くにいる他のグループに声をかけてみるのも一つの手です。撮ってもらったら、相手のグループにも「そちらも撮りましょうか?」と一言かければ申し訳なく思うこともありません。

それがきっかけで会話にもなりますし、全く知らない人たちとも楽しさを共有して、もっと良い思い出になるかもしれませんよ。

ディズニーランドがセルカ棒を禁止する理由は「安全に楽しんでもらうため」!!

Button detail off

ディズニーランドでセルカ棒禁止なんて残念・・・と思ってしまいますが、ゲストに安全に楽しんでもらいたいというスタッフ側の願いが込められてのこと。マナーを守って安全に楽しみたいものです。たまにはグッズに頼らずに、誰かにお願いすることで楽しみが増えることもありそうですね。

合わせて読みたい!

Button facebook off
Button hatebu off

関連するキーワード

関連記事

オススメ記事

トップへ