Tabimo[タビモ]旅をもっと楽しく。

①そばの花を見るなら、国道10号線岩脇バス停沿い

紀伊神社の境内、国道10号線沿いに咲き乱れるのは「そばの花」。見頃は10月頃で、純白の小さな花が風に揺られて笑う様子が見られます。
「新富十割そば」は香り豊かな味わいが人気で、ぜひとも口にしておきたい名物なんです。
毎年秋には新富町日置にある紀伊神社(きいじんじゃ)で『そばの花まつり』が開催されます。そば打ち体験や地場産品の販売などが行われるなど様々なイベントが開催されます。
平成2年からそばの栽培を始めた新富町。今では田舎そばとして、その名が知られるようになりました。水以外、一切加えない打ちたてのお蕎麦をぜひ味わってみてください。

②ルピナスの花咲き乱れる!富田浜公園

昭和54年に町の花として制定された、黄色の花ルピナス。地元ではルーピンと呼んでいます。町内各所で3月下旬から4月中旬にかけてルピナスの花が咲き乱れます。
その中でも最高のルピナス・スポットが富田浜公園なんです。毎年4月には「富田浜公園ルピナスまつり」が開催され、多くの人たちで賑わっています。

近くにはウミガメの産卵で有名な富田浜があり、夏のシーズンになるとプールやキャンプ場もオープンしますよ。流れるプールやウォ―タースライダーなどがあります。夏休みの思い出作りにはおすすめのスポットですよ。プールは午前と午後も入れ替え制になっています。

  • 【住所】宮崎県児湯郡新富町富田浜 (地図はこちら)
  • 【アクセス】日向新富駅から徒歩で20分
  • 【料金】プール[大人(高校生以上)320円・小・中学生220円・幼児110円]
  • 【営業時間】9:30~12:00/13:30~17:00
  • 【定休日】プール・キャンプ場は夏休み期間中オープン
  • 【電話番号】0983-33-6017

③約1200坪感動のシバザクラ!新富町大字新田 東畦原地区

3月から4月にかけて約600坪の敷地に咲き誇るシバザクラ。目が見えなくなった愛する奥様のために植え続けたシバザクラとして、多くのメディアに取り上げられて、全国的に有名になった、黒木敏幸さん宅のシバザクラです。

本当にこれをおひとりで植えられたたのかと、感動する広さと美しさです。お庭の入園料も無料なので、ぜひ訪れた際は黒木さんご夫妻との会話を楽しんでください。

  • 【住所】 宮崎県児湯郡新富町新田(地図はこちら)
  • 【アクセス】東九州自動車道西都ICより車で20分・JR日向新富駅より車で15分

④麗しのオープンガーデン!新富町大字新田 湯之宮地区

こちらも個人、太田照清さんの手によるオープンガーデンです。約300坪の庭には、チューリップやパンジー、ゼラニウムなど100種を超える花々が植えられています。しかも庭園のデザインが毎年変わるとのこと!力の入れようがすごいです。

太田さんは奥様の病気療養のために宮崎市から新富町に移り住み、夫婦で庭を作り始めました。2007年奥様はお亡くなりになりましたが、現在でも奥様との思い出の庭をおひとりで手入れ等をされています。4月下旬まで楽しめ毎年多くの方が訪れている人気のスポットですよ。こちらも入園は無料でご自宅は湯之宮座論梅(ユノミヤザロンバイ)の近くになります。ぜひ、足を運んでみてはいかがですか?

⑤浄土の花が咲く!湖水ヶ池の蓮

富田浜海岸の防風林沿いにある湖水ヶ池(コミズガイケ)。この池には7月上旬から8月中旬にかけて浄土の花「蓮」が花をつけます。池一面、白い蓮の花で埋め尽くされる時期には、多くの人たちが訪れています。午後は花が閉じてしまうので見るなら午前中がおすすめですよ。

ちなみに蓮の根っこは根菜のレンコンですが、この池で取れるレンコンも新富町の味覚の一つとして知られています。新富町でしか味わえない自慢のレンコンです。訪れた際はぜひ食べてみてください。

  • 【住所】 宮崎県児湯郡新富町日置 宮崎県児湯郡新富町日置(地図はこちら)
  • 【電話番号】0983-33-6012

Button facebook off
Button hatebu off

関連するキーワード

関連記事

オススメ記事

トップへ