Tabimo[タビモ]旅をもっと楽しく。

【1】川のせせらぎが涼しさを演出!『等々力渓谷』/東京都世田谷区

真夏でも都心からすぐにアクセスできる避暑地が「等々力渓谷」です。ここは、東急大井町線「等々力駅」を降りて、住宅街をちょっと入ったところにある渓谷。

23区内では唯一の渓谷ですが、東京ということを忘れてしまうほど静かで安らぎのひと時が過ごせます。まさに都会のオアシス!川のせせらぎが涼しさを感じさせてくれますよ♪

レストラン「OTTO」がおすすめ

また、OTTOというイタリアンレストランもあるので立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
数あるメニューの中でもピザがとてもおいしいです!しかもそのレストランでは渓谷を眺めながら食事ができるため、とてもオススメですよ。

【電車での行き方】
・JR渋谷から東急東横線に乗り「自由が丘駅」で乗り換え⇒東急大井町線「等々力駅」下車。
・JR渋谷から東急新玉川線に乗り「二子玉川園」で乗り換え⇒東急大井町線「等々力駅」まで戻る。

意外と近場にあるので、とても便利ですよ!

【2】都心から2時間で行ける避暑地『奥多摩』/東京都多摩市

大菩薩峠より望む奥多摩の山々
Button detail off

東京都内だとは思えないほど自然が豊かなのが『奥多摩』です。真夏の暑い日は、クーラーの利いた部屋でボーッとするのもいいですが、奥多摩へ出かけてマイナスイオンを浴びれば、気分もリラックスできること間違いありません♪

まずは「払沢の滝」に打たれる!?

Button detail off

「払沢(ほっさわ)の滝」は、古くから大蛇が住むといわれている滝です。東京で唯一た「日本の滝100選」に選ばれています。駐車場から滝までは徒歩15分程度と少々距離はありますが、その間も自然や川の音に癒されますよ。
遊歩道があるため歩きやすくなっていますが、スニーカーで行くことをおすすめします!

毎年8月には「払沢の滝ふるさと夏まつり」が行われています。夜には幻想的なライトアップの演出もありますよ☆それに合わせて行ってみるのもいいですね!

【電車での行き方】
・JR青梅線・JR八高線・西武線「拝島駅」でJR五日市線に乗り換え⇒終点の「武蔵五日市駅」で下車⇒武蔵五日市駅から西東京バスの1番線乗り場から「払沢の滝入口」もしくは「藤倉」「小岩」「払沢の滝入口経由数馬」行きに乗車⇒「払沢の滝入口」で下車!

「日原鍾乳洞」は探検家の気分になれる!

また、「日原鍾乳洞」は関東近郊で最大級の鍾乳洞。洞窟内は年間を通じて気温11度で、夏もひんやりです。ちょっとした探検気分も味わえるスポットですよ!こちらもライトアップがあり、見応え抜群です。

カップルや家族で行けばきっと楽しめるはず。いくら暑くても、上着はしっかり持っていきましょう。外との温度差にきっとびっくりします!

【電車での行き方】
・JR「奥多摩駅」からバスに乗り換え⇒東日原行に乗る⇒終点で下車。徒歩25分弱です。

【3】自然豊かな避暑地!『那須高原』/栃木県那須郡

那須岳、甲子旭岳、那須高原、甲子高原空撮
Button detail off

那須高原では、周辺には観光地もたくさんあり、自然が豊かな人気の避暑地です。遊園地からグルメまで、家族連れ、カップルなどシチュエーション問わず楽しむことができます。
東京から新幹線で那須塩原駅までたったの1時間20分弱!関東近郊に住んでいる方でも日帰りで行ける避暑地の代表地です♪

「南が丘牧場」のソフトクリームは絶品♡

入場無料、そして駐車場も無料という嬉しいスポットがこの「南が丘牧場」。動物とのふれあいができたいり、乗馬体験ができたり、うさぎの散歩ができたり…♪誰と訪れても楽しめます!

そして、「南が丘牧場」ではさまざまな"食"も味わうことができますよ。

中でもおすすめは手作りのソフトクリーム♡名物はやっぱりミルク感があって濃厚な「バニラ」ですが、期間限定で「いちごチョコmix」や「いちごバニラmix」なども販売されています!

【4】知る人ぞ知る避暑地『日光』周辺/栃木県日光市

観光名所として日本人だけでなく外国人からも高い人気を誇っているのが「日光」!日帰りでサクッと行ける気軽さもいいですよね。そんな日光の自然が多い場所や標高が高いところは、夏は避暑地として多くの人に愛されています。

「尊厳の滝」は近くまで行ける!

日光で最も有名な避暑地である「華厳の滝」では、エレベーターが設置されており、なんと滝の近くまで降りることもできます。滝の近くに行けば、とても涼しい気持ちになりますよ!

【電車での行き方】
・新宿駅から東武特急スペーシアで2時間、「東武日光駅」からバスで50分程度です。

高山植物を楽しめる「戦場ヶ原」もおすすめ!

戦場ヶ原
Button detail off

また、「戦場ヶ原」では5月~10月はノハナショウブなど数々の高山植物が楽しめます。標高1400メートルの地に広大な湿原が広がる戦場ヶ原は開放感があって癒されます。ここで、涼しい夏を過ごしてみませんか?

【電車での行き方】
・東武バス湯元温泉行きに野って1時間5分、「赤沼駅」下車すぐです。

【5】温泉以外の魅力もある『箱根』!/神奈川県箱根町

温泉地として有名な『箱根』ですが、実は夏は避暑地としても大活躍しています。都心からも特急ですぐ行けるのが嬉しいポイント。夏まつりやイベントなど箱根ならではの催しもあるので、泊まりで足を運ぶと一段と楽しめそうです!

芦ノ湖で「逆さ富士」を鑑賞しよう!

「芦ノ湖」は、カルデラ型の淡水湖で箱根観光の中心。ここの湖水にうつる"逆さ富士"や、外輪山からの眺めのよさは抜群ですよ!絶景を眺めながら、爽やかな風も感じられるなんて、最高です♪

【電車での行き方】
・新宿からロマンスカーで「箱根湯本駅」まで1時間半⇒バスに乗り換えて約50分で到着。

優雅に過ごすなら「遊覧船」もよし

また、芦ノ湖は遊覧船があり、往復便と周遊便が選べます。観光がてら乗船してみてはいかがでしょうか。ちなみにこの遊覧船は、条件を満たせばワンちゃんと一緒の乗船も可能です。暑さに弱いワンちゃんは一緒にお出かけしたら喜ぶかもしれません♪

また、夏には期間限定で360度花火を見れる花火観覧船というのもあります。遊覧船に乗って風を涼しむもよし!夜は花火を見てのんびりするもよし!1日に2度楽しみができますね♡

▼5分でわかる箱根 芦ノ湖遊覧船

Button facebook off
Button hatebu off

関連するキーワード

関連記事

オススメ記事

トップへ