Tabimo[タビモ]旅をもっと楽しく。

『世界に誇る日本の宝!』着物/日本 

縄文時代から衣服は用いられていたそうですが、始まりは平安時代で、室町時代までは上流階級女性の下着でした。幕末か明治になると今の着物の構造と一緒になりました。

日常生活で着る機会は少なくなりましたが、四季のある日本の風土に適しているため、結婚式、成人式などのセレモニーやお茶の場などで用いられ、晴れ着という意識になっています。やっぱり、日本の女性は着物がお似合いですね(^^)/

『一本の細長い布でできてる!!』サリー / インド

5000年も前から着られているといわれ、世界で最も古くからある民族衣装なんですよ(^^)細長い布地を裁断することなく身にまとうことが浄化されるという概念からインドの女性のほとんどは着用しています。

デザインの可愛さから日本でも人気が上昇中。若い女性の間では、結婚式やパーティにサリーを着ていくという選択肢もあるようです♪これからもっと人気になりそうですね(^^)

Button facebook off
Button hatebu off

関連するキーワード

関連記事

オススメ記事

トップへ