Tabimo[タビモ]旅をもっと楽しく。

【1】大遷宮記念の期間限定『蘇り守』

60年に一度しか行われない大遷宮(だいせんぐう:神殿を新しくすること)を記念して販売されるお守り。一生に一度出会えるか出会えないか…。一番最近販売されたのが2015年です。

ちなみにこの蘇り守には長い期間本殿を支えてきた屋根の檜皮(ひわだ)が入っています。こちらのお守りは1個1000円。60年分のご利益があるのかどうか、楽しみです。そして限定販売なので、ご利益も期待できま…す?

【2】鈴を鳴らして呼び寄せる『しあわせの鈴』

綺麗な鈴の音を鳴らすことで、幸運を呼び寄せてくれるしあわせの鈴。常に身につけて鈴の音色のように明るい未来と幸せを呼び込みたいものです。

鈴の大きさは2種類あり、大きい方が1,500円で小さい方が800円です。ほかのお守りと一緒に、幸運を呼び込むのもいいかもしれません。複数持っているからといって効果が落ちるということはないようです。

【3】長生きしたいのは万人の願い『長寿守』

自分に買うのもいいですが、普段忘れがちな親孝行の代わりに、長寿のお守りを親に買ってお土産にするのもいいのではないでしょうか。

出雲大社の貴宝殿が、不老長寿にご利益があるといわれています。

両親や身近な人には長生きして欲しいですね。

【4】試練に打ち勝つ魔除けの縁起物『生弓生矢』

根の国を訪れたご祭神・大国主大神が様々な試練に打ち勝ち、スサノオより授かった御神宝と言われている生弓生矢(いくゆみいくや)。

魔除けの縁起物として、家に飾ると災いが遠ざかると言われています。

【5】紅白の絹糸が絡み合う『縁結びの糸』

出雲大社といえばやっぱり縁結び。紅白の絹糸が束ねられ、男女がお互いに強く結び付くようにという願いが込められている、縁結びの糸です。

この糸のように、いつまでもかたく結びついていたいものです。
糸をネックレスやブレスレットに使うと、常に肌身離さず持っていることができます。

Button facebook off
Button hatebu off

関連するキーワード

関連記事

オススメ記事

トップへ