Tabimo[タビモ]旅をもっと楽しく。

関西の避暑地~もくじ~


避暑地は平均気温が5~6度も低い!?

いよいよ本格的な夏も目前に迫りましたね。「どこか涼しいところへ行きたいな~」とお考えなら、避暑地がぴったり。数は少ないですが、関西地方にも避暑地がいくつかあります。
なんと、普段過ごしている場所と避暑地では平均の温度が5~6度も違うんですよ!夏バテを防止するためにも、真夏日には涼しいところに逃げましょう。

ただし避暑地に行くときはこの3つに注意!

これまで避暑地に行った方々の口コミによると3つの注意点がありました。今年の夏「涼」を求めて関西にお出かけするあなたは、このポイントを押さえて準備をしましょう!

◆水分補給をしっかりする
 ⇒いくら涼しいとはいえど、アウトドアで動いていると体力は消耗します。少なくとも1リットル程度の水を持っていくようにしましょう。

◆羽織る上着を一枚持っていく
 ⇒暑い場所にいると荷物になってしまう上着。避暑地に行くときには必ず薄手のパーカーやカーディガンを持参しましょう。温度差があるので風邪をひきやすくなります。

◆歩きやすい靴で出かける
 ⇒涼しい場所というのは標高が高いところに位置しているものです。そのため足場が悪いところがあったり、天候の変化も多かったりします。サンダルなどではなくスニーカーを履いていくのが◎!


そうはいっても女性であれば夏のオシャレを楽しみたいもの。避暑地にお出かけするなら"リゾート"をイメージしたコーディネートをしませんか?爽やかなファッションやアイテムを利用しないと「季節感ないなあの人…」なんてイタイ視線を浴びちゃうかもしれませんよ。帽子や服装、アクセサリーをリゾートっぽくするだけで、夏っぽくなりますし気分もあがるはず。いつもよりも少しファッションに気を遣って出かけるといいでしょう。


それでは、関西でおすすめの避暑地をご紹介していきます!!

【1】美しい『奥びわ湖』/滋賀県

避暑へ行くなら琵琶湖の北部エリアがおすすめ。「海津大崎」や「マキノ・サンビーチ」などがあり、ドライブや散策スポットとして人気です。美しい湖面を渡る爽やかな風がとっても気持ちいいんですよ。

のんびりと琵琶湖の風景を楽しんでくださいね。ちなみに、このエリアにはキャンプ場や温泉もあるので日帰りでの旅行も可能です。

快適な過ごし方:湖上タクシーでリフレッシュする

「湖上タクシー」とは奥びわ湖を船の上から観光できる、いわゆる観光船のこと。漁師さんが案内してくれます♪涼みながら、ゆったりとした時間を満喫できるので夏のレジャーにぴったりです。

【2】体も心も爽やかになる『六甲山』/兵庫県

夜景のスポットとして有名な、兵庫県神戸市にある「六甲山」。神戸市街からのアクセスが良好な上に、下界よりも気温は5度~10度ほど低いため涼しく過ごせます♪夜だけでなく、昼ももちろん景観を楽しむことができます。

快適な過ごし方①:六甲山牧場で動物とふれあう

こちらは「六甲山牧場」。高原にあるので街中よりずっと涼しく過ごせます。羊やヤギ、馬などの動物と間近でふれあうことができます。場内はまさにアルプスといった雰囲気で開放感抜群♪
観光スポットやイベントも多いので、一日いても楽しく過ごせますよ。

快適な過ごし方②:オルゴールの響きに癒される

「六甲山オルゴールミュージアム」はオルゴールなどの自動演奏楽器を展示しています。

2016年5月13日(金)から2016年7月7日(木)まではイベント「オルゴールコンサート 花と香りに包まれて」が開催される予定。アロマオイルの優しい香りに包まれた空間で、オルゴールの音色を心ゆくまでお楽しみいただけます♪

【3】リゾート気分を満喫するなら『ハチ北高原』/兵庫県

関西有数の避暑地である兵庫の「ハチ北高原」は、冬のスキー場として有名です。しかし夏の高原にはとても爽やかな風が吹いていてとても過ごしやすいですよ。ハチ北高原は自然の宝庫、アクティビティも数多く楽しめます!

快適な過ごし方①:大空をパラグライダーで飛ぶ!

ハチ北高原で子どもでも大人でも、そして初心者でも挑戦できるアクティビティといえば、パラグライダー!涼しい上空を飛ぶ気分は、"ザ・爽快"です。

快適な過ごし方②:星空鑑賞

夏の夜はこれに限ります!空気が澄んでいて目の前を遮るものは何もない高原から眺める満天の星空・・・きっと想像以上に美しいですよ。

【4】夏のスポーツも楽しめる『神鍋高原』/兵庫県

こちらも冬のスキーで有名な高原ですが、夏のグリーンシーズンに楽しめるスポーツがたくさんあります。例えばパラグライダー、グラススキー、マウンテンボードなど♪タビモのおすすめは・・・

快適な過ごし方①:自然美を楽しみながらトレッキング!

地元の観光ガイド付きでトレッキングを楽しめるアクティビティもありますので、参加してみてはいかがでしょうか。なかなか外で運動するのが億劫な季節ですが、涼しい自然の中で全身を動かすのは楽しいですよ!

快適な過ごし方②:涼しくキャンプ!

神鍋高原にはキャンプ場などもあり、爽やかな夏を満喫できますよ。アウトドアなのに涼しいのが魅力です!森林浴をしながら美味しいグルメを堪能しましょう。

【5】癒しと安らぎを感じる避暑スポット『比叡山』/京都と滋賀の間

「比叡山」といえば延暦寺を思い出しますが、京都市と滋賀県大津市にまたがる山です。山頂までは車やロープウェイを利用して登ることができますよ。京都市内の温度よりも5~6度低いので、この辺りでは数少ない避暑地といえます。

景観スポットからは360°の絶景が楽しめます。琵琶湖の素晴らしい景色は最高!

快適な過ごし方:山頂の避暑地・ガーデンを巡る

比叡山の山頂までくると、目の前に登場するのが「ガーデンミュージアム比叡」です。四季折々の花を楽しめますが、それだけでなくモネやゴッホなどの絵画が陶板で再現されているので注目してみてください。
真夏の暑さを忘れられるひとときとなりそう♪

Button facebook off
Button hatebu off

関連するキーワード

関連記事

オススメ記事

トップへ