Tabimo[タビモ]旅をもっと楽しく。

①加賀の代表的銘菓 音羽堂の加賀紫雲石

大納言小豆を寒天で包んだ和菓子で、皇太子殿下にも献上された加賀を代表する名物です。洗練され、すっきりした甘さの上品なお菓子として定評があります。お土産にも好適です。

②昔ながらの素朴な味 惣八の六方焼

江戸時代から6代続くお菓子屋さんが、創業以来の製法ですべてを手作りしています。そのため大量には製造できず、販売も店頭のみです。材料は地元のものを使い、素朴な味わいを伝えていますので、ぜひ現地で味わってみてください。

③加賀の名物すっきり上品な れん永昌堂の羊羹

永昌堂は江戸時代の創業で、羊羹が認められて、大聖寺藩の御用菓子商となりました。その後も羊羹に特化して、伝統の味を提供し続けています。自然素材のみで作られ、すっきりした味で、山代温泉、加賀を代表する「れんの羊羹」として親しまれています。

④温泉たまご 「ゆせん玉子」

山代温泉名物の温泉たまごですが、「ゆせん玉子」と呼びます。ただし、名付け親の「元祖ゆせん玉子」の桶谷菓子店でも、「温泉玉子」も通用しています。地元産の新鮮なさくら卵を、独特の技術で半熟にゆせんしたものです。黄身のしっとりした感じと、プリンのような白身の絶妙な味わいに仕上がっています。一つずつ包装され、お菓子扱いです。日持ちもしますので、お土産や贈答にも使われます。

山代温泉には「ゆせん玉子本舗」もありますが、元祖の方の情報は次のとおりです。

⑤温泉玉子で作った 「温玉プリン」

山代温泉の新しい名物として秘かな人気を呼んでいるプリンです。総湯の近くにある、「はづちお茶店」が提供しているものですが、山代温泉の温泉玉子と地元の牛乳を使ったやみつきになる味わいです。

ほかにも温泉玉子ソフトクリームもあります。また、「はづちを茶店」自体とても雰囲気のあるスポットですので、オススメします。

Button facebook off
Button hatebu off

関連するキーワード

関連記事

オススメ記事

トップへ