Tabimo[タビモ]旅をもっと楽しく。

6.日本にもあった!どでかいフルーツのバス停 (長崎)

長崎の旧小長井町はイチゴ・メロン・スイカ・ミカン・トマトが特産品なので、その5種類をバス停のデザインとしています。
旧小長井町から佐賀県県境まで何個も発見できます!
ドーム型で可愛らしいデザインです!

7.ブラジルといえば?の答えが分かるバス停 (ブラジル)

サッカー王国らしいサッカーゴールです。
広告の文字通り、ネットにゴールインしてみるのもいいですね!

8.どこもかしこも、ぜーんぶレゴ! (ロンドン)

ロンドン中心部のリージェント・ストリートにレゴだけで作られたバス停ができました。使用したレゴは10万個、制作日数14日で作ったのだそう。
バス停の路線標識やガラスまでレゴで作られているのも驚き。

9.となりのトトロとバス待ち♪ (長崎)

ジブリでおなじみのトトロが長崎に上陸!今も昔も変わらず大人気です。
映画でトトロとサツキとメイがバス停でお父さんを待つシーンを実際に表現したものです。
傘の下に一緒に入ってみては♪

10.えっ普通のバス停じゃないの?! (ブラジル)

ブラジルのラジオ局はポスターを貼って販促に乗り出しました。一見ただの普通のバス停広告に見え、どこもユニークじゃないじゃないか!と誰もが思うはず。

そこに座った人がアフロになるという設定。
なんとも面白い発想です。まったく違和感ありません!!
逆に、人が座らないと一体何を意図するポスターなのか全く意味不明になってしまいそうです。

まとめ

世界には本当にいろんなバス停があります。
お気に入りのバス停はありましたか?
まだまだ面白いバス停が続々出てきそうです。

Button facebook off
Button hatebu off

関連するキーワード

関連記事

オススメ記事

トップへ